KINKI CARP.aspx.jpg

2011年12月17日

近畿大学創始者、世耕耕一先生伝「山は動かず」


近大の本館の3階、中央図書館前にある資料室をご存知でしょうか?

「不倒館」近畿大学創始者であり、初代総長、世耕耕一先生の歩みを知ることができる史料館になっているんです。

P1120408.JPG

今日はそちらに足を運んできました〜


なんと、そこで!

P1120427.JPG

世耕先生の自叙伝の漫画版「山は動かず」を頂きました!
世耕先生の生涯は、文庫冊子で読んだのですが、漫画は初めて!

P1120429.JPG

うん読みやすそう!!

ぜひ、内容を学んで史料館の感想と共に皆様に伝えよう!!

と、読み出した。・・・・・・・・・・・・・のですが



大問題発生!!!!


なんと・・・

P1120428.JPG

ブ厚っ!!!!(~ω~;)))


横にあるのは単4電池。ほぼ同じ・・・・・

ページ数500P超。

長編大河漫画と銘打ってるだけある・・・


なので、読破にまだいたらず(´;ω;`)

また後日、感想を紹介させていただきまーす!!



応援よろしくお願いします
にほんブログ村 大学生日記ブログ ゼミ・サークルへ
にほんブログ村
タグ:雑学
posted by ちぇほん at 01:43 | Comment(1) | 大学自慢&紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月02日

企業家講演〜敗者が復活しやすい社会へ!ビックイシュー・ジャパンの挑戦〜


去る11月7日に、近畿大学短期大学部「中小企業経営論U」企業家講演会を聴講してきました!

P1110913.JPG

今回の講師様は、「ビックイシュー・ジャパン」より吉田耕一様と、濱田進様をお呼びしての講演会でした。

小松史朗先生のこの講義は、定期的に企業家講演を実施しているんです!

社会的に意義深い活動を展開して成功されていて、多いに注目されている若い新進気鋭の企業家さんぞろいとあって、私、ちぇほんも、勉強もかねて、行って参りました。

ビックイシューって?


ビッグイシューは1991年にロンドンで生まれ、日本では2003年9月に創刊されました。ホームレスの人の救済(チャリティ)ではなく、仕事を提供し自立を応援する事業です。

例えば大阪では野宿生活者の約8割が働いており、過半数の人は仕事をして自立したいと思っています。『ビッグイシュー日本版』は働き収入を得る機会を提供します。

ビックイシューHPより引用)

皆様も、特に大阪、東京の通勤通学等で電車を利用されている方などは、見たことが、あるかもしれません。

片手を高々と天に上げ、雑誌をもって、路傍で販売する人を。(HPに写真があります)

それは、このホームレスの方々の販売する雑誌、ビックイシューなのです!!

企業の社会的責任が問われる今、興味津々で、聴講させて頂きました。

早速、ふかーい投げかけが。

ホ、ホームレス・・・?


「ホームレス」という言葉を聞いて、皆様はどう思われますか・・・

何か、悪いイメージをもたれる方もいるかもしれません。暗いイメージや、その人自身どんな人なのか・・・?と思ってしまうかも・・・

しかし、、、、

「ホームレス」はその人の「人格」ではない!!

ただの「状態」である!!

だから、ホームレスだからどうこうではない。その人自身が評価されるべきだ!!
だが、この世の中、どこかしら、偏見の目で見てしまいがちな私たち。

実際には、非常に真面目な普通のひとばかり。
今回の濱田様も販売員さんの方(つまりホームレスの方)でしたが、講演も非常に謙虚で、親しみやすい方でした。

ホームレスの方々は、まず、「絆」を失い、「ホープレス(希望をうしなう)」になり、「ホームレスとなる・・・




つまり、「ホームレス」は、ただのラベルであるんだ!!と!!
もっと、本当にその人がどうなのかをみないと!!
イメージに振り回されないで!!

これ・・・ラベルを貼られているとこ、私たちCARPの状況と似てるような。。。
詳しくは、カープに反対する人のこと


しかも、その人たちを「救済」するという立場でなく、仕事の機会を与えて、「応援」するのが、この「ビックイシュー」なんです。

行政の「救済」は、ただお金を出すだけ、根本的な解決にはならない・・・
絆と、希望を仕事によって取り戻す・・・これが「応援」


今の、社会は、非常に弱者に厳しい。
社会の制度や慣習が、社会とホームレスの方々に大きな壁となってしまう・・・

そんな、社会とホームレスの方々の架け橋的存在として、しかし、ただボランティアではなく、しっかりとしたビジネスとしてやられているところに気概を感じますね!


P1110914.JPG

雑誌自体は300円と、決して安い訳ではないですが、内容や特集などは、
海外の超豪華ゲスト等で、非常に興味深いものばかり!

販売員の方も、感謝と創意工夫をこらされながら、頑張られています!
皆様も是非、見かけましたら、一声かけてみるのも非常にいいかもしれません!

応援よろしく願いします
にほんブログ村 大学生日記ブログ ゼミ・サークルへ
にほんブログ村
タグ:講演会
posted by ちぇほん at 18:49 | Comment(0) | 大学自慢&紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月04日

生駒祭に潜入調査!!





近畿大学の学園祭(生駒祭)にお邪魔してきましたexclamation×2


P1110895.jpg


P1110897.jpg


P1110899.jpg


P1110906.jpg




詳細は後程晴れ

                           ばるたんでしたダッシュ(走り出すさま)



応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 大学生日記ブログ ゼミ・サークルへ
にほんブログ村

posted by バルタン at 19:38 | Comment(0) | 大学自慢&紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月04日

プロジェクトK〜マグロに挑んだ戦士たち〜





じゃん、じゃん、じゃ、じゃん♪

じゃん、たら、らら〜〜♪(BGM:地上の星)ら〜ららら、じゃん♪


みなさんこんばんは、近大カープのちぇほんです。


今回の、プロジェクトK(近大)は「海のダイヤ・世界初クロマグロ完全養殖


完全養殖とは



完全な養殖とは、人工孵化から育った親魚が産んだ卵を再び孵化させること。

従来の、海に泳ぐ天然マグロの稚魚を獲ってきて、イケスで売れる大きさにまで育てて出荷する養殖とは異なり、天然資源を守ることができる。

既にほとんどの魚で成功しているこの完全養殖。「あとはマグロのみ」と、研究者なら皆が狙っていた最後の大物。




なんとその、そのクロマグロの完全養殖に挑んだ男たちこそ、我ら近畿大学とその先輩なのです!


近大本館一階にあるマグロのレプリカ

SH3F0029.jpg


ではどうぞ!!


・・・・・・



2002年6月。

世界中に配信されたひとつのニュース(プロジェクトX風に)



[世界初!近畿大学水産研究所、マグロの王者・クロマグロの完全養殖成功!]





これは、不可能とされた海のダイヤに挑み続けた男たちのストーリーである。(まだまだプロジェクトX風に)


時は1970年、高度経済成長を続ける日本は、さまざまな分野で、世界を席巻し始めていた。


それは、食の分野にも及んだ。


世界最大のマグロ消費国である日本は、マグロ捕獲で世界を席巻し、ひんしゅくを買った。


究極の自給自足「マグロ完全養殖」




それに対し、水産庁はマグロ養殖プロジェクトを打ち出す。


名のある大学、研究所が揃う中に、とある私立大学が名乗りをあげた。


近畿大学。


戦後いち早く、水産研究所を設立した近畿大学は、ハマチ、マダイ、カンパチなどの高級魚の養殖に次々成功。この分野を牽引していた。


この立役者は、京都大学農学部からスカウトされた、若き原田輝雄だった。

その革新的な「小割式養殖」によって、水産養殖は成功を収めていた。




原田、自信があった。




しかし、そう甘くはなかった。



回遊魚であるマグロの飼育は困難を極めた。

イケスの中で、止まったり、壁にぶつかって、マグロは衝突死した。




多くの大学がさじを投げるなか、試験研究期間後も近大は独自に研究を続けた。



そしてついに1979年、近大は世界初のクロマグロの人工ふ化に成功した。


しかし、歓喜の声は悲鳴に変わる



それもつかの間。

稚魚は特に皮膚が弱く、手でつかんだだけで死んだ。

成長しても、繊細で、車のヘッドライトや船のエンジン音、水の濁りですぐパニックに陥り、イケスの網に衝突。



全滅を繰り返した。
15年、20年、成果は無かった。

大手水産企業も撤退。こう言い放った。

「あまりにコストが高すぎて採算が取れない。完全養殖は不可能だ。」

無理なのか。そんな中、男たちの脳裏にある言葉が浮かび上がった。



日本のために海を耕せ




それは、1948年、近大水産研究所を設立した、その理念だった。




日本は敗戦により国土も海も狭まれた

日本人全員の食料を確保するためには、陸上の食糧増産だけでは不十分だ

「海を耕し、海産物を生産しなければ日本の未来はない」



日本のために、海を耕せ




皆、奮い立った。



不可能と言われた海の錬金術。ついにダイヤになる



そして、研究開始から32年。2002年。




研究所でふ化したマグロが成長し、産卵。その卵が、、、、、孵った。

(BGM:エンドロール・・・)





この瞬間、32年間、悲願だった、クロマグロの完全養殖が成功した。


世界初の快挙だった。

現在、文部科学省による世界最高水準の研究教育拠点づくりを推進するCOE(センター・オブ・エクセレント)に選定され、

海のダイヤは男たちの願い通り、日本の誇りとして、輝いている・・・・・・




梅田駅にある広告


SH3F0027.jpg



・・・・・・・・・・・


さて、長くなりましたが、いかがでしたか?
かくして生まれた近大マグロ!我が近大が世界に誇る技術と愛の結晶です!

ちなみに、この近大マグロ、本当にNHKのプロジェクトXでも紹介されています!!
ご興味ある方はぜひ調べてみては・・・



タグ:雑学
posted by ちぇほん at 23:59 | Comment(0) | 大学自慢&紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月27日

学園花は、〇、です。


さてさて、今回は我らが誇る近畿大学の紹介をしていきますよ〜
近大、一言でいってもいろいろありますが・・今日はズバリ学園花
なぜ、学園花からか・・・それはこのサイトを語るにこれは欠かせないからです!

なんせこのサイトには僕の愛校心がつまってますからね〜(^^)
もしかしたら、デザインをよ〜〜〜〜〜く見たらわかるかもしれないですね。。。

学園花は、、です!

え?分かりました??さすが、勘がいいですね〜!!

注)2011/06時点、サイトのデザインは変更されている場合があります。

・・・冗談はこのあたりにしまして。。。

PAP_0001.JPG

写真上図が学園花(学園章)

「梅花霜雪を経て開く」
自然の厳しさをへて、春いちばん、品格高き花が咲きひらく。

近畿大学、創始者、世耕弘一先生(写真奥、見にくいですが・・)が近大のシンボルとして、創設以前から決めていたものであり、寒風のなかでひとり凛と咲く梅の姿に、未来に立ち向かう学生に<自分に厳しく、気高く生きよ>のメッセージを託したものです。

梅花霜雪を経て開く・・・
まだまだ春は遠いけれど、周りに先駆けて、寒風の中、花弁を開く梅のつぼみ・・

非常に希望を感じますね!!
私たち、近大カープもどんな困難をも越え、春を切り開く先駆者となりたいものです!!


そんな、近大の学園花。
ぜひ、皆さまの大学でも調べてみては・・・?


おまけ

近大で「ウメ」といえば、我らの誇るこの方!!

DSC_0375.JPG
タグ:雑学
posted by ちぇほん at 13:48 | 大学自慢&紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
     KINKI CARP.aspx.jpg