KINKI CARP.aspx.jpg

2016年12月06日

11月の 定例研を行いました!

初めまして。

今回が初めてのブログ投稿、初めての担当、初めての入力…初めて尽くしのシマゴローという者です。
気分屋で寝ること大好きな、猫のような性格のシマゴローです。

シマちゃん、ゴローちゃん、シマゴロちゃん、呼び方はなんでもかむかむレモンです。
っと、自己紹介もほどほどに、話が逸れる前に本題といきましょう

今回はですね、トランプ氏の大統領就任の件について考えた件をお話しする件です。あれ?件ってなんだっけ?というバカみたいな発言はさておき、定例研究会で行われましたお話をここで伝えたいと思います!

そもそもトランプのオッチャンは、どういった人物にゃのか。

簡単に説明すれば、バカみたいに事業が成功して「ふっふふふっ…ふはははは!!見よ!最早この世は、我を中心に回っておるのだ!すべての事業、政治、経済の悉くを、我が手中に収めてやろう!!」
「にゃん…だと!?」

ま、厨二は余計ですし、セリフの98パーセントがシマゴローの頭の中で構築された痛い人ですがね。

さて、シマゴローが痛い奴だということを、皆さんが知ってくれたところで、本題に移りましょうかね。
今回の定例研の中で知ったのは、彼の発言に対して個人的に興奮…ごほん!
今回の定例研の中で知ったのは、彼があれだけの発言を、恐れずにできるほど、大きな成功者だということですね!

あと、成功の背景には失敗の連続だったようで、その度に這い上がり、勝利し、現在の資産を構築したらしいので、実力は確かかと。

過激発言の連続だというのは周知のことで、色々と発言はやらかしちゃってますよね。

そんな言いたいことを包み隠さないところは、アメリカ人特有のものだと感じました。

彼の考えでは、失敗を恐れずにとにかく進むことを信念としている節があり、非常にリーダーシップもあり、だからこそ安倍さんともウマが合うのではないかと思いました。







で、皆の予想していたクリントン氏は残念ながら乙と。


ディスカッションコーナー開催!!
なぜ、これほどまでにトランプ氏は支持を集め、当選に至ったのか?

シマゴローたちは考えました。
皆さんもシマゴローたちのように考えてみましょうw

まず発言したのはシマゴロー。🐱

アメリカの国民性」ということで、先も説明したとおり、アメリカの言いたいことをハッキリと、という国民性に深くかかわりある。

そして、皆の意見も交えながら、「失敗を乗り越えてきた」「クリントン氏も支持されなかったから、どちらかといえばトランプ的なノリ」などなど、やはり人の意見というのは貴重だと思った瞬間でした。
でまぁ、結果的に、端的に言えば

古くからある形態の産業に従事するアメリカの白人たちの「言いにくかったけど心の中に存在した本音」をトランプの「厨二セリフ」ではなく、トランプの「暴言」にアメリカ人たちの心が呼応した、とそういうことらしいです!
「ふむ…厨二とも取れる過激発言は…そのような役割を担ったのか」と脳内でバカみたいなことを考えました


今後、アメリカはどうなっていくのか。
それはトランプさんの考えを代弁したアメリカ合衆国になる可能性が極めて高いらしいです。「にゃん…だと!?」

というのも、彼は実業家でもあり、本来は企業に出してもらう選挙活動費を自分で賄ったらしいです。

そのため、自分の思い通りの人事を配置し、自分の思い通りの政策を実行しようと思えばできるかも、と。
さらに、彼が政権を取れば、もしかしたらもしかする戦争が起こるのではという懸念
にゃにゃ、にゃんだとぉ!?恐ろしきやトランプ!

ま、実際はどうか分かんないですけどね


そして、アメリカと日本は、今後どうなるのか!?
・安保条約批判
・TPP反対
・対中強硬姿勢

この三つがトランプさんの考えとして今回取り上げられました。
ただ、日本とアメリカの関係としては、安倍さんとトランプさんは結構気が合うらしく、もしかしたら仲良くできる可能性も

そしてここで、最後のディスカッションコーナー開催!!

今後の日米関係はどうなっていくのかを、話し合ってみましょう!!!

これを読んでいる貴方も、シマゴローたちのように、シマゴローたちと共に、考えてみましょう!!

まず、シマゴローは考えました。🐱

日米関係の重要性というか、結束の大切さを!
対中国の強硬姿勢を示すアメリカと、対中国の脅威にさらされた状態の日本
この両国間の結束は、しっかりと強めていかないといけない!!そう考えました。
基本的に、シマゴローは経済より軍事のほうが圧倒的に詳しいですから、こういう視点になってしまったのかもです。
経済的な視点から日米の関係保全と考える人もいるわけですから。
ただ、TPPに関しては値段云々よりも、日本製の優れたものであれば高くても買うだろうから、関税で安かろうが高かろうが関係ない、とする意見はありましたよぉ。


とまぁこんなかんじで、皆さんはどうでしょうかね?
アメリカとは軍事的結束をするべきと考えるか、経済的結束をするべきと考えるか、はたまたアメリカとの関係よりも日本だけで切り抜ければいいと考えるか、人それぞれの考えだと、自分は思います。
ただし、今回の定例研の最後の締めくくりとして提示されたこととして

「世界情勢は国と国の関係性の中で動いています。ですから、私たちは日本だけでなく、他国のことももっと関心を持つべきではないでしょうか」
という文章がありました。

韓国中国ロシアアメリカ
日本と関わり深い国々のことを知れば、知っていこうとすること、

その姿勢こそが大切ではないかということですよ。

さて、今回はこれくらいにしておきましょう。
シマゴローの駄文を長々と読んでも怠いでしょう。

ここまで読んでくださった人はありがとうございました。
感謝感激雨嵐のシマゴローでした。
posted by ちぇほん at 10:54 | Comment(3) | コンテンツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いや〜 やっぱりトランプが通ったのがびっくりだな!
自分もアメリカに住んでいたからたしかに真のアメリカンみたいにハッキリ物事はっきりいうけど、言っている内容は偏見が多いし、個人的に理念もいまいちだし、アメリカ大丈夫かなって思いますね!(-_-メ)-3
まぁ、でも、トランプさんと安倍さんとの関係が良いのは、いいことだなと思うね!(´・ᴗ・)
シマちゃん、ナイス初ブログ!
ありがとうございました!٩ʕ•͡וʔ
Posted by ミンニョン at 2017年01月06日 17:28
初めてコメントを送ります。
研究会で話し合った内容、トランプ氏の人物像、これからの展望など非常に内容の詰まった記事でしたね(`・−・´)日本、アメリカ、中国だけでもなく、広い範囲に意識を向けていかなければいけないんですね。
「アメリカと日本は、今後どうなるのか!?」のところや「ロシア」のところは白の背景に黄色の文字だと見にくくなってしまうので、他の色にした方が見やすくなると思います!
Posted by 麻広(あさひろ) at 2017年01月09日 12:44
トランプ大統領が当選したことで、今後の日米関係また世界にどのような影響を与えていくか常に関心を持ち続けていく必要がありますね。
Posted by 神戸カープ at 2017年01月10日 19:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

     KINKI CARP.aspx.jpg