KINKI CARP.aspx.jpg

2011年12月02日

企業家講演〜敗者が復活しやすい社会へ!ビックイシュー・ジャパンの挑戦〜


去る11月7日に、近畿大学短期大学部「中小企業経営論U」企業家講演会を聴講してきました!

P1110913.JPG

今回の講師様は、「ビックイシュー・ジャパン」より吉田耕一様と、濱田進様をお呼びしての講演会でした。

小松史朗先生のこの講義は、定期的に企業家講演を実施しているんです!

社会的に意義深い活動を展開して成功されていて、多いに注目されている若い新進気鋭の企業家さんぞろいとあって、私、ちぇほんも、勉強もかねて、行って参りました。

ビックイシューって?


ビッグイシューは1991年にロンドンで生まれ、日本では2003年9月に創刊されました。ホームレスの人の救済(チャリティ)ではなく、仕事を提供し自立を応援する事業です。

例えば大阪では野宿生活者の約8割が働いており、過半数の人は仕事をして自立したいと思っています。『ビッグイシュー日本版』は働き収入を得る機会を提供します。

ビックイシューHPより引用)

皆様も、特に大阪、東京の通勤通学等で電車を利用されている方などは、見たことが、あるかもしれません。

片手を高々と天に上げ、雑誌をもって、路傍で販売する人を。(HPに写真があります)

それは、このホームレスの方々の販売する雑誌、ビックイシューなのです!!

企業の社会的責任が問われる今、興味津々で、聴講させて頂きました。

早速、ふかーい投げかけが。

ホ、ホームレス・・・?


「ホームレス」という言葉を聞いて、皆様はどう思われますか・・・

何か、悪いイメージをもたれる方もいるかもしれません。暗いイメージや、その人自身どんな人なのか・・・?と思ってしまうかも・・・

しかし、、、、

「ホームレス」はその人の「人格」ではない!!

ただの「状態」である!!

だから、ホームレスだからどうこうではない。その人自身が評価されるべきだ!!
だが、この世の中、どこかしら、偏見の目で見てしまいがちな私たち。

実際には、非常に真面目な普通のひとばかり。
今回の濱田様も販売員さんの方(つまりホームレスの方)でしたが、講演も非常に謙虚で、親しみやすい方でした。

ホームレスの方々は、まず、「絆」を失い、「ホープレス(希望をうしなう)」になり、「ホームレスとなる・・・




つまり、「ホームレス」は、ただのラベルであるんだ!!と!!
もっと、本当にその人がどうなのかをみないと!!
イメージに振り回されないで!!

これ・・・ラベルを貼られているとこ、私たちCARPの状況と似てるような。。。
詳しくは、カープに反対する人のこと


しかも、その人たちを「救済」するという立場でなく、仕事の機会を与えて、「応援」するのが、この「ビックイシュー」なんです。

行政の「救済」は、ただお金を出すだけ、根本的な解決にはならない・・・
絆と、希望を仕事によって取り戻す・・・これが「応援」


今の、社会は、非常に弱者に厳しい。
社会の制度や慣習が、社会とホームレスの方々に大きな壁となってしまう・・・

そんな、社会とホームレスの方々の架け橋的存在として、しかし、ただボランティアではなく、しっかりとしたビジネスとしてやられているところに気概を感じますね!


P1110914.JPG

雑誌自体は300円と、決して安い訳ではないですが、内容や特集などは、
海外の超豪華ゲスト等で、非常に興味深いものばかり!

販売員の方も、感謝と創意工夫をこらされながら、頑張られています!
皆様も是非、見かけましたら、一声かけてみるのも非常にいいかもしれません!

応援よろしく願いします
にほんブログ村 大学生日記ブログ ゼミ・サークルへ
にほんブログ村


タグ:講演会
posted by ちぇほん at 18:49 | Comment(0) | 大学自慢&紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

     KINKI CARP.aspx.jpg
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。