KINKI CARP.aspx.jpg

2011年11月18日

近大カープ第一回定例研究会〜地域コミュニティの崩壊を救え!私は地域のお節介屋さん?!〜


先日、11月15日、近大カープ記念すべき第一回定例研究会を実施しました!

P1110952.JPG


うう、念願の第一回・・・(´;ω;`)
苦節数ヶ月、原研代表として、なにがなんでもと思っていた、想いのようやく第一歩を踏み出しました。

ところで定例研究会って?


ん?(メ・ん・)?なんだそれ?
と思うあなたに、説明しよう!!


近大カープの定例研究会とは、原理研究会である、カープの英知を集め、統一原理を中心に、世の中の事象を研究し、みんなで議論し、そして、実際にどんな行動をして、地域の問題を改善し、貢献できるかディスカッションする場なのである!!


大学や地域、そしては、国や世界を良くしたい!!希望を与えたいと燃える僕たちにはピッタリです!!

✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩内容✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩


テーマは「なんのためのPJ?〜「地域の問題を考える。」地域コミュニティの崩壊〜

理想のあいさつ清掃PJを語りつつ、今の地域でどんな問題があるのか考えて行きました。

挨拶清掃PJについてはこちら


理想のPJとしては、

・活気のある街に!しかもず〜〜〜っと!!
・もう、地域を巻き込むような、PJをやりたい!!
・いやいや、自然に巻き込まれてくるのがいい!!

などなど・・・


理想を語ると、ワクワクしますね(*´∀`*)

どんな問題があるのかということで、VTRとプチレクチャーをしました!

事例は「育児放棄」

重たい話題です・・・

P1110953.JPG

発表も真剣です。

そのなかで、

・母親もそうだが、周囲や地域も自己中心。関わりたくないと思っている。
・命をないがしろにしている。

そして、今回のテーマ、「地域コミュニティの崩壊」についても意見が・・

・問題が当たり前になり、地域の関係が希薄化している。
・鍵っ子世代が今の親となり、親子関係が希薄なまま、親になっているのも原因では。
・昔は親を通して、地域とつながったが、今そうではない。そのような文化がない。
・農作業、地域行事等の地域共同作業の消滅により、地域の関係性が希薄化しているのではないか。


昔は当たり前にいた「お節介さん」が今は居なくなっている・・
隣のおうちも無関心。悲鳴や異臭がしても、死んでいても、関係ない。

そんな現代社会の病魔・・・・



そのとき私たちは・・・・と、そのときぴかっとひらめくアイデアが!


そうだ☆彡お節介さんになろう!


そう!だれも関心のない冷えた世の中なら、私たちが、興味関心をもっていこう!

家族となっていこう!

7d916eb618e74d5683d1940f32206bfe.gif

よおし!!<(`^´)>

決意をあらたに近大カープはこれから地域のお節介さんになるべく奔走します!!

今後の定例研究会、PJを乞うご期待!!!!


応援よろしくお願いします
にほんブログ村 大学生日記ブログ ゼミ・サークルへ
にほんブログ村


posted by ちぇほん at 02:29 | Comment(1) | 定例研究会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いやぁ、いい取り組みですね。これからの研究を楽しみにしてます!!!
Posted by 近江之商人。 at 2011年11月19日 23:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

     KINKI CARP.aspx.jpg
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。